「天地明察」冲方丁 (角川文庫)

2012-08-06

その他の著者

t f B! P L


 碁打ちの算哲が、幕府の威信を懸けた暦作りに挑戦するお話です。
 なぜ暦を改める必要があったのか、またそれをなぜ碁打ちの人間が手掛ける運びになったのかといった背景も含めて、この物語で主人公算哲は様々な人間と関わりを持ちます。その様々な人々の期待に引っ張られ、また背中を押され、叱咤激励の中、主人公は支えられて前進していきます。


 歴史的にも周知となっている改暦事業という大偉業も、人同士の繋がりがなければ成功には至らなかったかもしれません。
 そんな人同士の繋がりの大切さを教えてくれる物語です。

このブログで探す

人気の記事

最新の記事

プライバシーポリシー

当サイトでは、Googleアドセンスなど第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関しては、このプロセスの詳細およびこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法について、こちらで詳細がご確認いただけます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール“Googleアナリティクス”を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関しての詳細はこちらをご確認ください。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ