「時生」東野圭吾 (講談社文庫)

2011-09-05

東野圭吾

t f B! P L


やばかった。
危うく泣きそうになるところありました。
結局泣かなかったけど。
以前読んだ「秘密」よりも、私はこっちの「時生」の方が好きかなぁ。
時間を越えて息子が父親に会いに行くとか、ありえない話という点では「秘密」同様ではあるんだけど、まぁ「世にも奇妙な物語」みたいな感じで、あくまで娯楽と割り切るなら充分楽しむことができた作品です。

時間と共に人は変わっていくものだろうけど、それでもこんな短期間でそこまで人間変われるもんかね? とか疑問が残るところもありますが、そこは目を瞑りましょう(笑)
構成もさすがと言うべきなんでしょうか、上手いなぁと思わされました。
冒頭二十数ページ目の話が、後半のクライマックスに繋がる伏線になってた時には、思わず「すげ~」なんて思ってしまいました。


人は生まれたら、その時点でいつか死ぬ。
価値も意味も、そんなものあるんだかないんだか分かんないけど生きて、死ぬ。
そこに自分なりの意味や価値を自ら造り出すことができたなら、その生きる時間の長さというものが例え短くとも、充分全うできたと満足できるものなのかもしれない。


このブログで探す

人気の記事

最新の記事

プライバシーポリシー

当サイトでは、Googleアドセンスなど第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関しては、このプロセスの詳細およびこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法について、こちらで詳細がご確認いただけます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール“Googleアナリティクス”を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関しての詳細はこちらをご確認ください。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ