「姑獲鳥の夏」京極夏彦 (講談社文庫)

2011-07-18

京極夏彦

t f B! P L
 

古書店「京極堂」店主、中善寺秋彦の元に旧知の友人である小説家の関口巽が訪れた。
関口巽の取材する失踪事件周辺にまつわるある噂について、「京極堂」こと中善寺の意見を訊いてみようとやってきたのだ。
関口巽は問う。
「二十箇月もの間、子供を身籠っていることができると思うか」
この奇怪な、もし真実であれば不思議としか言いようがない噂に対して、京極堂はこともなげに答える。
「この世には不思議なことなど何もないのだよ」
記憶を視ることのできる超能力探偵・榎木津礼二郎、京極堂の妹・中禅寺敦子、東京警視庁の刑事・木場修太郎らを交えて、物語は展開していき、物語はいつしか関口巽の過去と深く交錯する。
失踪事件の謎、身籠る妊婦の謎、そして事件の中心「久遠寺家」の謎。
「拝み屋」京極堂の憑き物落としで導かれるこれらの謎の答えとは……。

「姑獲鳥の夏」は京極夏彦氏のデビュー作であり、百鬼夜行シリーズの第一作目です。

謎解きの肝となる部分は、ほとんど全て第一章にあります。
この第一章を手厚く読み解くことで、後の謎解きが容易く理解できます。
時代は終戦後間もない日本・東京が舞台となっていますが、現代の認知心理学に通じるような部分が博学である京極堂によって説明されています。
世界認識に係わる認知能力に対する作者の学術的な見解が示唆されているのではないかと私は思っています。

かなりの長編で積読家には敬遠されやすいかもしれません。
ですが、実際には前半の世界観についての説明部分が骨太なだけなので、中盤以降は一気に読み進めることができます。
梃子摺るとすれば、やはり第一章だろうと思いますが、ここをきちんと押さえておくことで後の百鬼夜行シリーズの読解も楽になります。

話の流れとして後半は、ちょっと都合がいい感じはしますが、これも小説という虚構の世界のなせるファンタジーだと思えば十分に許せる範囲だと思います。

特殊な能力者としては榎木津礼二郎という登場人物が一人いますが、彼は基本的にあまり役に立ちません。
なぜか? それはここで説明するより実際に読んで頂いて、彼の性格を知って頂くのが最短の近道だろうと思います。

あと若干グロテスクな描写シーンがありますので、そういうのが苦手な方は敬遠された方がいいかもしれません。
妖怪はどこにいるのか? 妖怪とは? 京極堂が暴く! 百鬼夜行シリーズ第一弾です。

このブログで探す

人気の記事

最新の記事

プライバシーポリシー

当サイトでは、Googleアドセンスなど第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関しては、このプロセスの詳細およびこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法について、こちらで詳細がご確認いただけます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール“Googleアナリティクス”を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関しての詳細はこちらをご確認ください。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ