「剣鬼喇嘛仏」山田風太郎 (ちくま文庫)

2011-05-30

その他の著者

t f B! P L


山田風太郎氏の短編作品集で、1976年11月に刊行されたものです。
つまり今から35年以上前に書かれた作品群ということになるのですが、普通に読めてしまえます。
そして面白い。
つくづく、本当に面白いものは時が経っても面白いんだなと実感させられました。

個人的には「女郎屋戦争」と「伊賀の散歩者」、そして表題作「剣鬼喇嘛仏」が楽しませてくれました。
全編を通して忍法や怪しげな術が次々に出てくる作品群なのですが、私が注目したいのはここに描かれる、生々しい人間達の描写ですね。

見方によっては喜劇とも悲劇ともなりうる話というのは、そこに生々しい人々が描かれているからこそ、と私は思っています。
切ない存在、儚い存在、滑稽な存在、いろいろ全部引っくるめて人間なんですよね。

詳細はネタバレになるのが嫌なのであまり書けませんが、これが映画にもなった「魔界転生」の作者の実力かと感心させられる一冊でした。

このブログで探す

人気の記事

最新の記事

プライバシーポリシー

当サイトでは、Googleアドセンスなど第三者配信の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関しては、このプロセスの詳細およびこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法について、こちらで詳細がご確認いただけます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール“Googleアナリティクス”を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関しての詳細はこちらをご確認ください。

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

QooQ